メリケントキンソウに御注意ください。

2018年12月7日更新

メリケントキンソウ

特徴

草丈は5センチメートルから10センチメートルで地面を張っている様子

草丈10センチメートルくらいに生えている様子

メリケントキンソウはキク科の一年草で、南米原産の帰化植物です。
草丈は5センチメートルから10センチメートルで地面をはうように生えています。
5月から6月ころに実がなります。種は2センチメートル程の大きさで、硬く、鋭いトゲがあります。

生息を好む場所

日当たりが良い公園、芝生、道路脇、空き地など。

注意すること

メリケントキンソウが生息している公園や芝生などで手をついたり、裸足で歩いたりすると、トゲが刺さって怪我をするおそれがあります。
生息域を拡大させないために、靴や衣服などに付いた種はその場で払い落としてください。
メリケントキンソウを発見した場合は、維持管理課公園緑化係へ御連絡ください。

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

2024年4月19日

掛川市学校給食通信

お知らせ

2024年4月19日

掛川市学校給食通信

イベント

募集情報