「お茶と暮らし」はじまります。

2021年7月1日更新

茶と暮らし、生きていく

掛川のお茶のある風景と暮らしの魅力を伝える公式WEBサイトがプレオープン

茶畑をぬけて学校に通う。クラスにはお茶農家がたくさんいる。

掛川市やその周辺の茶産地で生まれ育った誰もが、あたりまえに目にした風景。
しかし、近年の農業従事者の高齢化や茶産業の衰退と共にその風景も少しづつ変わろうとしています。

「お茶と暮らし」はこうした掛川の地域に存在する、お茶のある日常の中から集めたさまざまなシーンを写真や言葉で記録し次世代に伝えると共に、お茶とその暮らしに潜む大切なこと、これからの事業の可能性を生産者や市民のみなさまと未来に残していくための取り組みです。

現在、市庁舎のディスプレイや掲示エリアにポスターを数種類発行し掲載・配布を始めています。また、本日公式WEBサイト(https://ochatokurashi.jp/)を8月の本公開に先立ちプレオープンいたしました。

また7月1日より、都内東京メトロ駅の構内・改札にて交通広告を展開すると同時に、SNSやWEBサイトを活用しその魅力を幅広く発信していきます。TwitterやInstagramもぜひフォローして更新を楽しみにお待ちください。

公式WEBサイト・SNSアカウント

公式タグ

#kakegawa
#お茶と暮らし
※SNSの閲覧・投稿の際などにご利用ください

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

    infomation
    第75回全国茶品評会
    (深蒸し煎茶の部)
    掛川市産地賞受賞
    全国最多通算23回目
     このたび静岡市で開催された第75回全国茶品評会(深蒸し煎茶の部)の審査結果が発表されました。
     関係各位の御努力の結果、農林水産大臣賞を受賞した松下園をはじめ、掛川市からの出品茶が多数上位入賞を果たされたことにより、 全国最多通算23回目の産地賞を受賞することが出来ました。
    詳しくはこちら!

    新着情報

    2022年6月29日

    掛川市学校給食通信

    お知らせ

    2022年6月29日

    掛川市学校給食通信

    イベント

    募集情報

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる